Smart Design Association Co.,Ltd 代表取締役, 福岡移住計画主催

須賀大介

1976年 茨城県・水戸市出身

明治大学商学部を卒業後、株式会社システムインティグレータへ入社。WEB系のエンジニアとしてキャリアをスタート、その後、WEBコンサルティングの草分け的存在である株式会社キノトロープ勤務を経て、2002年に「株式会社スマートデザインアソシエーション」を立ち上げる。大手企業を含むWEBマーケティングコンサルティング、制作・運用を主業とする一方で、地域資源を活用した加工品の販売など地域と都市を結ぶ場づくり事業を東京下北沢でスタート。

起業して10年目に起きた東日本震災を機に自らの働き方や暮らし方をゼロから見直し、2012年、活動の拠点を福岡に移すと同時に家族と共に福岡市に移住。自身の移住の体験も含めて、福岡移住者に向けた居・職・住の情報発信や、コミュニティの場を創出する「福岡移住計画」を立ち上げる。その後、地方・都市圏の遊休不動産を活用したシェアスペースの運営を平行して事業化し、RISE UP KEYA、SALT、HOOD天神、ダイアゴナルランTOKYOなどを展開。

現在は、より価値観の近い人や場所を繋げ、働く選択肢をつくる「+WANDER」事業に力を注いでいる。

https://s-design.jp
https://fukuoka-ijyu.jp
https://pluswander.com/

 

Feel the roots, "Introduction".

26歳で起業してひたすら働き続けた東京時代、東日本大震災で感じた様々な危機感、新たな可能性を求め日本全国を移住先として検討した結果、最も魅力を感じたのが福岡だったという。

地方と都市を行き来しながら人と人、人と企業、人と地域を結びつける様々なプロジェクトを生み出す活動が話題となる。その福岡の可能性を世界に発信する須賀さんにお話しを聞かせてもらった。(上画像提供:SALT)

Karnel 編集部

 

Interview

まずは学生時代から起業までの道のりを教えてください。

大学入学を機に東京へ出て、商学部で会計学を専攻していました。大学一年の時ですね。ようやくYahoo!ができた頃でパソコン通信からインターネットになり、WINDOWS3.1から98になった時代です。今の活動の原点にもなっているのですが、大学の仲間と「THE PLANET PLAN」と言うウェブマガジンを立ち上げて、デザイナーやクリエイター、アーティスト、起業家などを取材してウェブに記事としてアップするみたいなことをやっていました。今思うと、今やっていることと同じですね。アクセス数?トラフィックですか? ヤフーも出たばかりだったので、記事をアップしたらすぐ検索の一位になるような感じでした。(笑)

当時はパソコン一台が30万円くらいした時代でしたが、インターネットで日本中の人たちと交信ができたり、世界が広がっていくことに興奮を覚えていました。その頃、ロンドンに「TOMATO」というクリエイティブ集団がいるのを知りました。グラフィックデザイナーや、デジタルクリエイター、アーティストや弁護士など、いろいろな職種の人々がプロジェクトベースでチームを組成していて、ちょうど、その頃は、山一証券がつぶれたりして日本型の年功序列の会社組織の在り方に黄色信号がともっていた頃でした。それを見ていて学生ながら、将来仕事やプロジェクトはこうやって個々の能力を活かしながらつくるべきだと思っていました。ピラミッド型の会社組織に入って働くよりもいろいろフリーで活動していく人たちが集まってプロジェクトが生まれていくような働き方をしたいなと。

 

卒業後、いくつかの企業を渡り独立へ

大学卒業後は「システムインティグレータ」という会社で、インターネット日本初のEC パッケージ開発チームに配属され、ORACLEなどのデータベースを活用したシステム開発を学びました。あとは、今は当たり前になりましたが、Eラーニングなど大学・企業が遠隔教育を提供するようなプラットフォームを開発していました。

3年ほどその会社で働きましたが、ユーザーインタフェースやデザインに興味があったので、次はWEBコンサルティングの草分けである株式会社キノトロープの門を叩き、ウェブを使ったマーケティングを学ばせていただきました。

ですが、ずっと独立したいという思いがあり、26歳の時に「スマートデザインアソシエーション」を一人で立ち上げました。そこでは学生の時にやっていた「THE PLANET PLAN」のメディアを形にしたような会社にしようとアソシエーション型、プロジェクト型で事業を行っていこうとその名前にしました。

 

独立後、ガムシャラに働いた10年がもたらしたもの

そこからガムシャラに働いて、だんだんと有名なクライアントの仕事も手掛けることができるようになり、気が付いたら10年経っていました。

その頃はプロジェクト型と言うよりは、正社員も40名近くに増えていて受託代理店から降りてきた仕事をこなすような時代でした。というのも、当時はネットワーク型でやるっていうのは信用がなかなか得られず、日本ではまだちょっと早くて、信用を得るために社員を雇って母体を大きくしていった結果、組織が自分が思うよりも早く肥大してしまったのです。結局、今度はその母体を維持する為の仕事をやらないといけないサイクルに陥ってしまっていて……大変でした。

しかしながら東京の仕事はとても刺激的で、当時は紙からウェブに移行したりとかいろんな人達が入ってきて、技術もいろいろと移り変わっていて、フラッシュがあったりとかサーバーサイドもどんどん変わっていったりとか、新しい技術を取り込みながら自分たちで考えて形にするという、それ自体はすごい面白かったですね。

一方で、完全にプライベートが失われてしまっていたのも事実です。当時子供が生まれていたんですが、なかなか家に帰ることもできなかったし、帰っても深夜、寝顔しか見られませんでしたね。

 


福岡への移住の経緯について聞かせてください。

会社をスタートさせてからちょうど10年、会社の今後の方向性を模索している時期でした。

ちょうどその時に東日本大震災が起きました。

その経緯もあって、社員の中から「被災地を支援したいから茨城などで働きたい」、「沖縄や北海道に移住したい」など、いろいろと要望が出てきまして、一旦、アソシエーション型の原点に戻ろうと考えました。

また、震災後、プライベート方面で感じたのは「妻や子供に会えなくなるかもしれない」といった「家族を失う可能性がある」恐怖でした。

東京にしがみついて働き続けることを人生の天秤にかけて考えたとき、とてもバランスが悪いなと思ってしまったのです。

 

家族と社員との狭間で

社員を雇用する責任がある社長という立場でしたから、そう「思ってしまった」と言わざるを得ない状況でした。しかし、これから会社を続けていくうえでも、まずは自らがエネルギーを取り戻すことに重きを置き、それから家族と共に「どこで暮らし、子育てしていくか」を考えました。会社も社員ももちろん大事ですが、嘘をつきながら生きることはできない。まずは家族と一緒にいる時間、家族を大事にしていく会社にしていきたいと思い、スタッフへ正直にそのことを話しました。

スタッフとは何度も話し合いを重ねました。当然反対も出て、「社長が移住するようならついていけない」と辞めていく社員も出ました。およそ半分のスタッフが退職したと記憶してます。

それでも半分のスタッフが残ってくれて、東京と地方の分散型でやっていこうと決めました。

 

福岡との出会い

それから東京と二拠点で活動できる場所を探し始めました。始めのころは長野や山梨などを候補に上げていたので、その辺りをウロウロと回っていました。

とはいえピンとくる土地がなく悩んでいたとき、偶然、福岡を地図上で見る機会がありました。

第一印象は、自然と都市のバランスが良い。

少し調べてみると飛行機は便も多く出ていますし、他都市へのアクセスがいい。また天神や自然豊かな糸島エリアまでたった30分で行ける点にも驚きました。アジアとの距離も近いですし海外発展にも繋げやすい。「福岡」ならばアジアとのビジネスができるポテンシャルを持っているなと感じました。

その好条件を胸に、妻とGWシーズンにまた糸島へ旅行に行きました。色彩豊かな海や山の素晴らしさに感動しましたね。ビジネスのポテンシャルと、自然豊かな環境。求めていたものが福岡にありました。

そうして、「ここで暮らそう」と決断しました。

それが今からちょうど5年前のことですね。

次ページ
今だから言える、福岡移住後の辛かったこと。

1 2 3