Smart Design Association Co.,Ltd 代表取締役, 福岡移住計画主催

須賀大介

1976年 茨城県・水戸市出身

今だから言える、福岡移住後の辛かったことなどはありますか。

当初は代表の自分一人だけで福岡に移住して来たのですが、地縁が全くないまま福岡に来たので、仕事の作り方やスタイルが全く分からず大変でした。人脈も全くなかったですし。

社長の自分がこっちに来てしまったので、東京の売り上げも一時急激に降下してしまって。妻も福岡のコミュニティになかなか入れかったようで苦労させました。

勢いで移住したけど本当にやっていけるのかと、毎晩天井を見ながら不安に襲われて眠れない日々が続きました。

こっちでの暮らしや綺麗な海の写真を見た東京の社員は「……」だったようで。社長は福岡で何をやっているんだと(笑、、汗、、)

東京のスタッフとの熱量というか温度感のズレがあったし、その先のビジョンを共有するまでに時間がかかりました。僕としては福岡で持続的な暮らしや働き方を作り、発信していきたかったのですが、本当にゼロからのスタートだったのでなかなかうまくいかなかった。一方ではこれまでのビジネスが動いているし社員もいるわけで、そのバランスをとるのに時間がかかりました。実際、かなりの犠牲やダメージを受けましたね。

その当時は東京からの移住者もそんなに多くなかったですし、移住自体が珍しい時代だったので、手探りでの模索ばかりでした。うちの東京の社員も数名ほど福岡へ来ましたが、結局戻ってしまいました。やはり移住というのは価値観に根差すものであって、気持ちだけでは難しいのだなと感じた瞬間でしたね。

ちなみに現在、福岡で働いている社員は福岡移住計画を始めて以降に勤め始めたスタッフで、全員福岡にて採用しました。移住計画の活動に共感して、連絡をくれました。そういったメンバーと共に心機一転、再始動し、そこから本当に様々な経歴の仲間が入社してきてくれました。現在は東京2名、福岡9名のちょうどサッカーチーム11人と同じ人数でやっています。

 


福岡にてどのような出会いが須賀さんを支えたのでしょうか?

福岡の人達は本当に温かく、のびのびと暮らしていて人間味を感じました。

飲み会を通じて感じたことですが、東京と比べて「人間らしい付き合いしかない」というか、福岡を良くしようという人たちや、コミュニティを繋げてくれる人たちがたくさんいます。

「福岡移住計画」自体も飲みの席で「そういうことをやりたい!」との話で盛り上がったことがきっかけでした。

福岡R不動産のメンバーと始まり、ムラジュンさん(特定非営利活動法人 AIP 事務局長・村上純志)がLINEさんと繋げてくれて、LINEさんにそういう話をしたら、LINEさんが福岡市さんを紹介してくれました。

移住して間もない人間の話に「その企画、乗ってみたい」と言ってくださって、正直、凄くありがたかったです。本当に驚きました。

それから行政連携移住計画の一回目のイベントを、東京のマイナビ(毎日新聞)の本社にて開催することができました。開催前、「話題性もあるし、50人ぐらい集まればいいね」と仲間内で話していたのですが、実際は300人くらい応募ありました。手前味噌な話で恐縮ですが、、、何にしても、福岡に帰りたい若いクリエイターがこんなにいるんだと実感した瞬間でした。

好スタートを切った福岡移住計画でしたが、福岡出身でもない自分が「福岡移住」の看板を掲げるジレンマはありました。地元の人からすれば「なんで茨城出身の人間が」と感じるはずです。ですが計画を進めるうちに、ソトモノ(福岡県外出身者)だからわかる福岡の新しい発見や土地に根付いた素晴らしい文化を「移住推進」という形で伝えていきたいと、強く思うようになりました。

福岡移住計画をスタートしてから4年近くなりますが、本当にそう思うことができ、また続けてこられたのは、福岡の皆さまの支えや見守りがあったからだと感じています。

 

次ページ
家族や子供たちの未来について。

1 2 3