Smart Design Association Co.,Ltd 代表取締役

須賀大介

1976年 茨城県・水戸市出身

明治大学商学部を卒業後、株式会社システムインティグレータへ入社。WEB系のエンジニアとしてキャリアをスタート、その後、WEBコンサルティングの草分け的存在である株式会社キノトロープ勤務を経て、2002年に「株式会社スマートデザインアソシエーション」を立ち上げる。大手企業を含むWEBマーケティングコンサルティング、制作・運用を主業とする一方で、地域資源を活用した加工品の販売など地域と都市を結ぶ場づくり事業を東京下北沢でスタート。起業して10年目に起きた東日本震災を機に自らの働き方や暮らし方をゼロから見直し、2012年、活動の拠点を福岡に移すと同時に家族と共に福岡市に移住。自身の移住の体験も含めて、福岡移住者に向けた居・職・住の情報発信や、コミュニティの場を創出する『福岡移住計画』を立ち上げる。また、地方・都市圏の遊休不動産を活用したシェアスペースの運営を平行して事業化。糸島の閉店したスーパーマーケットをリノベーションした『ライズアップケヤ』。福岡市今宿の、シェアオフィス『SALT』。株式会社西日本鉄道との共同事業による、コミュニティスペース『HOOD天神』、福岡銀行の東京八重洲の遊休不動産を活用したシェアオフィス「ダイアゴナルランTOKYO」など、シェアスペース事業を展開。現在は、より価値観の近い場所や人と、はたらく選択肢をつくる「+WANDER」事業に力を注ぐ。

https://s-design.jp

https://fukuoka-ijyu.jp

https://pluswander.com/

 



26歳で起業してひたすら働き続けた東京時代、東日本大震災で感じた様々な危機感、新たな可能性を求め日本全国を移住先として検討した結果、最も魅力を感じたのが福岡だったという。地方と都市を行き来しながら人と人、人と企業、人と地域を結びつける様々なプロジェクトを生み出す活動が話題となる。その福岡の可能性を世界に発信する須賀さんにお話しを聞かせてもらった。

 

まずは学生時代から起業までの道のりを教えてください

大学入学を機に東京へ出て、商学部で会計学を専攻していました。大学一年の時ですね、ようやくYahoo!ができた頃でパソコン通信からインターネットになり、WINDOWS3.1から98になった時代です。今の活動の原点にもなっているんですが、大学の仲間と「THE PLANET PLAN」と言うウェブマガジンを立ち上げて、デザイナーやクリエイター、アーティスト、起業家などを取材してウェブに記事としてアップするみたいなことをやっていました。今思うと、今やっていることと同じですね。アクセス数?トラフィックですか?ヤフーも出たばかりだったので、記事をアップしたらすぐ検索の一位になるような感じでした(笑)当時はパソコン一台が30万円くらいした時代でした。インターネットで、日本中の人たちと交信ができたり、世界が広がっていくことに興奮を覚えていました。その頃、ロンドンに「TOMATO」というクリエイティブ集団がいるのを知りました。グラフィックデザイナーや、デジタルクリエイター、アーティストや弁護士など、いろいろな職種の人々がプロジェクトベースでチームを組成していて、ちょうど、その頃は、山一証券がつぶれたりして日本型の年功序列の会社組織の在り方に黄色信号がともっていた頃でした。それを見ていて学生ながら、将来仕事やプロジェクトはこうやって個々の能力を活かしながらつくるべきだと思っていました。ピラミッド型の会社組織に入って働くよりもいろいろフリーで活動していく人たちが集まってプロジェクトが生まれていくような働き方をしたいなと。

大学卒業後は「システムインティグレータ」という会社で、インターネット日本初のEC パッケージ開発チームに配属され、ORACLEなどのデータベースを活用したシステム開発を学びました。あとは、今は当たり前になりましたが、Eラーニングなど大学・企業が遠隔教育を提供するようなプラットフォームを開発していました。3年ほどその会社で働き、ユーザーインタフェースや、デザインに興味があったので、次はWEBコンサルティングの草分けである、株式会社キノトロープの門を叩きました。ウェブを使ったマーケティングをそこで学ばせていただき、ずっと独立したいという思いもあり、26歳の時に「スマートデザインアソシエーション」を一人で立ち上げました。そこでは学生の時にやっていた「THE PLANET PLAN」のメディアを形にしたような会社にしようとアソシエーション型、プロジェクト型で事業を行っていこうとその名前にしました。

そこから我武者羅に働いて、だんだんと有名なクライアントの仕事も手掛けることができるようになり、気が付いたら10年経っていて、その頃はプロジェクト型と言うよりは、正社員も40名近くに増えていて受託代理店から降りてきた仕事をこなすような時代でした。というのも、当時はネットワーク型でやるっていうのは信用がなかなか得られず、日本ではまだちょっと早くて、信用を得るために社員を雇って母体を大きくしていった結果、組織が自分が思うよりも早く肥大してしまったのです。結局今度はその母体を維持する為の仕事をやらないといけないサイクルに陥ってしまっていて、、しかしながら東京の仕事はとても刺激的で、当時は紙からウェブに移行したりとかいろんな人達が入ってきて、技術もいろいろと移り変わっていて、フラッシュがあったりとかサーバーサイドもどんどん変わっていったりとか、新しい技術を取り込みながら自分たちで考えて形にするという、それ自体はすごい面白かったですね。一方で、完全にプライベートが失われてしまっていたのも事実です。当時子供が生まれていたんですが、なかなか家に帰ることもできなかったし、帰っても深夜、寝顔しか見られませんでしたね。

 

 

福岡への移住の経緯について聞かせてください

会社をスタートさせてからちょうど10年経って、このタイミングで会社も原点に戻すというか今後の方向性を模索している時期でもありました。ちょうどその時に東日本大震災も起きて。アソシエーション型の原点に戻ろうと。その頃社員の中からも沖縄や北海道に行ったり、被災地を支援したいから茨城などで働きたいとか、いろいろ要望が出てきていたし、それは全然いいだろう、分散型でやっていこうと。自分自身でいうとあの地震で感じたのはやっぱり子供に会えなくなるかもしれない、家族を失う可能性がある。それが一番の恐怖でした。それでも東京にしがみついて働き続けるというバランスが、人生を考えるうえでとても悪いなと思ってしまったんです。社員を雇用する責任がある社長という立場でしたから、そう「思ってしまった」と言わざるを得ない状況でした。しかし、これから会社を続けていくうえでも、まずは自らがエネルギーを取り戻し、家族と共にどこで暮らし、子育てしていくかを考えていました。会社も社員ももちろん大事ですが、嘘をつきながら生きることはできない、まずは家族と一緒にいる時間、家族を大事にしていく会社にしていきたいと思い、スタッフに正直にそのことを話しました。東京と二拠点で活動できる場所を探し、自分自身いろいろ長野とか山梨などを回り探したりしていました。そこで訪れた福岡の衝撃は強かったですね。たまたま福岡に来た時に糸島でやっているイベントのポスターを見て行ってみたのですが、その時は冬だったし、天気もどんよりと曇天で、本当にこんなところが楽しいのかなと。そのあと、一回東京に戻っていろいろ調べていくと、地図上で見ても福岡は自然と都市のバランスが本当に良いなと思いました。福岡からは飛行機も1日100便出ていますし他都市へのアクセスも良く、天神や自然豊かな糸島エリアまでたった30分で行ける事にも驚いて。ご存知の通りアジアとの距離も近いですし海外発展にも繋げやすい。ちょうどその数年前にインドでの製作拠点を出して失敗してもいたので、福岡ならばアジアとのビジネスをできるポテンシャルを持っているなあと思いました。そのあと、妻とGWシーズンにまた糸島へ来たのですが、色彩豊かな海や山の素晴らしさに感動しました。「ここで暮らそうと」。それからスタッフと何度も話し合いを重ねました。当然反対も出て、社長が移住するようならついていけないと辞めていく社員も出ました。約半分のスタッフが退職したと思います。当然ですね。しかし、半分のスタッフが残ってくれて、東京、福岡の分散型でやっていこうと決めたんです。それが今からちょうど5年前のことですね。

 

今だから言える福岡移住後の正直辛かった部分などはありますか??

当初は代表の自分一人だけで福岡に移住して来たのですが、地縁が全くないまま福岡に来たので、仕事の作り方やスタイルが全く分からなかくて、人脈も全くなかったですし。社長の自分がこっちに来てしまったので、東京の売り上げも一時急激に降下してしまって。妻も福岡のコミュニティになかなか入れかったようで苦労させました、体感としてはその辺りですかね。勢いで移住したけど本当にやっていけるのかと、毎晩天井を見ながら不安に襲われて眠れない日々が続きました。

こっちでの暮らしや綺麗な海の写真を見た東京の社員は「・・・」だったようで、社長は福岡で何をやっているんだと(笑、、汗、、) 東京のスタッフとの熱量というか温度感のズレがあったし、その先のビジョンを共有するまでに時間がかかりました。僕としてはもっとこっちで持続的な暮らしや働き方を作っていきたいし、発信していきたかったのですが、本当にゼロからのスタートだったので、一方ではこれまでのビジネスも動いているし、社員もいるわけだし、それのバランスをとるのに時間もかかりましたし、相当な犠牲やダメージもありました。本当に想定よりもかなり大変でした。その当時は東京からの移住者もそんなに多くなかったですし、そういうことをすること自体が珍しかった時代で、みんな手探りで模索していき、少ない仲間同士で何かしら作っていこうみたいな時代でしたね。うちの東京の社員も数名は一度福岡へ来ましたが、結局戻ってしまいました。この時代、やはり移住というのは価値観に根差すものであって、難しいなと思いました。現在福岡で働いている社員は福岡移住計画を始めてから、全員福岡で採用したスタッフです。移住計画の活動を知って、共感してくれそして様々な経歴の仲間が入社してくれました。現在は東京2名、福岡9名のちょうどサッカーチーム11人と同じ人数でやっています。

 

福岡にて、どのような出会いが須賀さんを支えてくれたのですか?

福岡の人達は本当に温かく、のびのびと暮らしていて人間味を感じました。東京と比べたら人間らしい付き合いしかないというか、飲み会でもそうですが、福岡を良くしようという人たち、繋げてくれる人たちがたくさんいて。結局、移住計画自体も飲みの席でそういうことをやりたいと話が上がって、福岡R不動産のメンバーと始まり、ムラジュンさんがLINEさんと繋げてくれて、LINEさんにそういう話をしたら、LINEさんが福岡市さんを紹介してくれました。移住して間もない人間の企画に乗ってみたいと言ってくださって正直凄くありがたかったですし驚きました。一回目の行政連携移住計画のイベントを東京のマイナビ(毎日新聞)の本社で福岡移住計画を開催することができました。手前味噌ですが話題性があって、当初開催前は50人集まればいいねと言っていたんですが、実際は30o人くらい応募あって、福岡に帰りたい若い人たち(クリエイターなど)がこんなにいるんだと実感しました。福岡出身でもない自分があれこれとやっており、地元の人からすればなんで茨城出身の人がそんな事やってるのと思われている部分もあると思いますが、外者だからわかる発見というか、素晴らしさを伝えることが大事だと思い、そういった目線で移住計画を続けてきました。でもこうやって今、活動をやって4年近くなりますが、続けてこられたのは本当に地元の方の支えや見守りがあったからだと思います。

 

全国様々な拠点を行き来し、今感じる福岡の魅力とは?

福岡に関して言えば今、福岡市長が自ら旗を振って頂いて、全国の地方都市としては突出して起業ムーブメントが起きています(スタートアップなど)。その熱が引力となり、何か面白いことをしようという人や企業がどんどん福岡に集まってきているように思います。そういった流れの中からコワーキングスペースやシェアオフィスもこの数年で沢山増えてきて、フリーランスのクリエイターでもオフィスの柔軟な選択ができ働きやすい環境になってきていますね。先ほどもお話ししましたがやっぱり自然と都市のバランスが非常に良いし、何より街に暮らす人たちも自然な感じというか明るくおおらかで、皆のびのび暮らしている街だなあと感じます。福岡の面白さかなあと思うのが、他の県では全く関係ないよそものがその地の良さを言っているってあまり聞かないんですが、外から来た人が福岡を気に入って住み着くというか、県外から来た方もそうだし、もちろん地元の方もみんなが福岡の良さをこれでも喰らえとばかりに発信していることですね。

自分自身も東京に本社があり(今は本社は福岡市)、東京と福岡を行き来している中から立体的に街の可能性が見えてくる体験があったので、積極的に移動していくことはクリエイターにとってはすごく良い効果を産み出すと。行った先で全く違う景色を見たりとか、あったことがない人と会って話すとか、その地域にある課題を見つめてみる、何ができるかを考えてみることは自分自身のトレーニングにもなります。そこから生まれたの今の「+WANDER」の事業です。これからの時代はそういったことがもっと普通になってくると思うし、多拠点居住は今後一つの生き方の選択肢になってくると思います。

今の当社はそうですね、もともと描いていたプロジェクト型の理想の組織に近いです。不動産のメンバーもいれば、クリエイティブのメンバーもいて、それぞれサイトを作ったりとかクリエイティブな仕事もしていれば、空き家や空きビルを活用したりとか、そういうメンバーが集まって、その彼らの周りにまた協力者がいて、っていう形は大学生の頃に思い描いていたチームに近いです。今後は、海外の方も含め移住や新しい働き方の流れも体感していますし、日本国外にも福岡の魅力を伝えていきたいなと思います。

 

 

画像提供 : SALT

画像提供 : SALT

画像提供 : SALT

画像提供 : SALT

 


画像提供 : SALT

 


画像提供 : SALT

 

ご家族とはどのような時間を過ごされていますか?

東京にいた頃と違い、今は子供達ともよく遊んでいます。以前とは全然違って、ちょっと遊ぶにしても福岡は自然がすぐそこにありますので、キャンプでも海でもダイナミックな遊びが何でもできますし、街に行けば普通に映画館で映画もみますし、暇さえあれば隙を見つけて遊んでいます。一回一回の遊びの密度がとても濃いです。(笑) こういう場所で暮らしているので、家族と共にいる時間や密度が東京にいた頃と全く違いますね。子育ては圧倒的にしやすいと思います。

 

子供達にどのような未来を引き継ぎたいと考えられていますか?

生まれてきた環境や条件、制約、その土地のルールとか価値観など、それらにより選択肢が限られてしまうのは嫌だなと。いろいろな選択肢や可能性みたいなものが、わざわざ言わなくても当たり前のように選択できるとか使えるとか、そういう働き方、社会になっていくといいなと思っています。+Wnader(プラスワンダー)みたいなものは割とそのモデルケースというか、まだまだですけど将来土台になるといいなと思います。子供達もコワーキングで一緒に学ぶとか、一緒にハワイやシンガポールに行けたりとか、その地域のおじいちゃんやおばあちゃんと話したりとか、そういう経験ができるといいなと思います。生まれたことの可能性を信じて、個性を尊重し活かし合えるそんな未来を仲間と作っていけたらと思っています。

 

 

Photo_Edit_Text_大林直行(101DESIGN)