株式会社グッデイ 代表取締役社長

柳瀬 隆志

1976年 福岡県・飯塚市出身

2000年 _東京大学経済学部卒業後、三井物産株式会社に入社。2008年_嘉穂無線株式会社へ入社、2009年_社長室長、2010年に営業本部長を歴任したのち、2011年には株式会社イーケイジャパンの代表取締役社長に就任。2013年、嘉穂無線株式会社代表取締役副社長を経て、2016年に株式会社グッデイ(嘉穂無線株式会社より社名変更)の代表取締役社長に就任。http://www.gooday.co.jp/


福岡県をはじめ北部九州を中心にホームセンターを展開する株式会社グッデイ。近年、同社は、主要店舗内にものづくりを体験できる工作スペースの設置を進めている。“モノを売る”という従来のホームセンターから、“ライフスタイルを提案する”体験型のホームセンターへと生まれ変わろうとしている。商社マンを経て昨年社長に就任したばかりの柳瀬隆志さんにお話を聞かせてもらった。

 

「グッデイならできる〜♪」、「良日出来太」といい、グッデイのブランディングが大変気になります!

2009年にTVCMシリーズ「グッデイならできる♪」の企画・制作に関わることがありまして、ゆるく頭に残るメッセージを発信しました。個人的に緩いテイストのCMが好きで、商売っぽくなく柔らかいイメージのテイストで曲も作ったりCM制作をお願いしました。実はグッデイは3、40代女性をターゲットにしているんです。2008年にこの会社に勤めだして気付いたんですが、当初のイメージでは客層は職人さんが7,8割おられるイメージだったんですが、実際は意外と少なくて2,3割程度。工具コーナーだけでなく園芸も人気だったんです。春の園芸シーズンだとすごい行列ができるほどでした。こういった特色をチラシなどで伝えるのはなかなか難しくて、DIYの普及を目指してCMでアピールしようと制作しました。実際DIYと言ってもなかなか一般的に伝わらなくて、「DIY」という言葉を使わずにDIYに興味を持ってもらうことを目指したかったんです。当初は3,40代の女性客の比率が他社と比較し少なく、新しい客層を取り込みたいという狙いもありましたね。結果的に浸透し、印象に残るCMになり良かったです。

 

「キッズクリエイティブ研究所」やファブラボについて色々お聞きしたいのですが?

「キッズクリエイティブ研究所」はNPO法人CANVASさんとの共同プロジェクトになります。最近は、情報は簡単にインターネットで入手することができますが、頭でっかちになってしまい、本当のリアルな体験をする機会が普段の生活の中で少なくなってきています。その反動で、ワークショップやキャンプなどの体験型イベントに対する関心が高く、主催する我々が驚くほどの集客があります。ちなみに昨年8月に開催した「ワークショップコレクション福岡」は約二万人の来場がありました。子供たちは色々と説明されても分からないんですよね。自分達でやってみないと分からないですし、子供の理科離れが…物作りが…など言われていますが、自分たちもワークショップをやっていても子供達は材料さえ渡していれば自分たちで勝手に遊ぶしやってしまう。やらなくなった訳ではないんですよね。環境がないんですよね。昔はデパートの屋上やおもちゃ売り場で遊ぶ場所とかありましたけど、今はなくなってしまいましたよね。自分で何でも作れるんだという体験、経験できる場が大切なんだと思います。ホームセンターっていう枠組みでやるよりもはみ出たようなことをやった方が面白いんじゃないかと思ったんですよね。最初はそういったことをどこかで遠慮していたというか、ホームセンターのイメージを壊したらダメなんじゃないかと思ってたんですよね。新しいことをやると興味を持ってもらえるし、就活中の学生さんからの反応も良いです。ファブラボのスタッフたちもポジティブですし、なんでもやればできるんだという素晴らしさを伝えていけたら良いと思います。

 

「グッデイなら〜」が秘める、グッデイの可能性についてお聞かせください。

中国進出?いえいえ、、まだまだそんな…笑  海外のホームセンターで思い出しましたが、ホームセンターと聞くと今や日本各地では当たり前のような存在になっていますが、実際には他の国には家具屋やディスカウントストアはあってもこういったホームセンターってないんですよね。グッデイには工具や植物の知識が豊富な社員が大勢いますし、ただ単なるホームセンターだけではなくて、皆さんがお店に来るきっかけ作りみたいなことができればと思います。そういえば今度店頭イベントで包丁研ぎもやったりするのですが、今だからこそアナログなこともやってみたいんです。社員一人ひとりが持つ知識や経験を、店頭でのワークショップなどで伝え、DIYや園芸に興味を持ってくれる人を増やしていきたいですね。

 

祖父母のいらっしゃった筑豊、飯塚で過ごした幼少期の思い出をお聞かせください。

飯塚で生まれたんですね、僕。グッデイができた2歳くらいの時に福岡へ移りました。自宅は福岡市でしたが、毎週末は飯塚の祖母の家に行き商店街で遊んでいました。母の実家が本町商店街で薬局をやっていたので、小さい頃からお店が遊び場のような感じで、レジ打ちをさせてもらったり、色んな商品を見るのが好きで、自然と商売の原点的なところを学んでいたような気がします。当時は飯塚商店街には人が大勢いて毎週イベントが開催されていたり、土日は混雑していたのも覚えています。おもちゃ屋さんなども沢山ありましたし、小学生の頃には土曜夜市など本当に楽しかったですね。ただ、3,40年経つと街は変化するのだなということを実感します。今いいからこのままでいいだろうと思うと、ダメなんだろうなと思います。

 

 

 

グッデイの新キャラは今後も登場するのでしょうか?

新キャラの登場は未定ですが、、(笑
これからも魅力的で楽しいことを仕掛けていけたらいいなと思います。

 

この先どんな福岡・九州を子供達に残したいと思われますか?

東京で約13年ほど過ごしましたが、福岡は本当に良いところだということを改めて感じますね。福岡に戻ってきて感じたのは、吉野ケ里遺跡や水城跡、元寇防塁など、古くからの遺跡がたくさんあり、歴史がある地域だということです。私たちの祖先達も色々な苦労をしながらそれぞれの時代を生き抜いてきたことでしょうが、今を生きる子ども達にもこれからの未来に夢と希望を持って生きていける力をつけて欲しいと思っています。あと、福岡は立地にも凄く恵まれていると思います。福岡から東京へ行くより韓国の方が近いし、アジアへ渡り易いですし、中国、韓国からの観光客の方たちもまず福岡を経由して九州全域や関西、関東方面にも向かいますよね。そういった意味でとても海外との接点も多いですし、色々な情報を取り込み易い街だと思います。もちろん、今後も地元に貢献していきたいと思っていますし、生まれた筑豊飯塚にも3店舗(飯塚店・庄内店・大隈店)があるので、店舗運営を通じて地域に貢献していきたいと思っています。グッデイ事業やファブラボ太宰府・ワークショップコレクション福岡などの活動を通じて、子ども達の教育や環境作りのお役に立てれば良いと思っています。

 

Photo_Edit_Text_大林直行(101DESIGN)