有限会社クロスリングウェイ 代表取締役

内村 陽一

1975年 熊本県出身

1996年、熊本YMCA学院 情報処理科卒業。1997年、パチンコメーカー「株式会社平和」に就職のため福岡へ。2000年、パチンコ業界のデザインに携わりたいと思い同業界の弱電工事会社の株式会社アクターに転職し、デザイン部門を起ち上げる。2005年、さらなるスキルやWebサイト制作に着目し、有限会社クロスリングウェイを設立。同年、熊本で兄が経営するデザイン会社アイトゥーブレインの副社長を務め、一般業種のデザインも学ぶ。2010年、ウェブシステムやアプリを開発する株式会社ザイオンの代表となり「Googleストリートビュー(インドアビュー)」事業、女性向けスマホアプリレビューサイト「iPhone女史」運営、熊本のプロバスケットボールチーム「熊本ヴォルターズ」のサポートなども行なう。2015年、クロスリングウェイ10周年を機に、これまでの業務を一本化しリスタート。http://www.xoway.com


さまざまな業種で必要とされる“デザイン”や“制作”。業種のジャンルを飛び越え、机上ではなく現場で実際に自分の手を動かし学んできた経験を紡ぐように、現在の会社「クロスリングウェイ」を経営する内村陽一さん。福岡と地元・熊本にオフィスを構え、ITやデザインの分野に関わる様々なものを手がけている。今回、福岡市・博多駅近くにあるオフィスを訪ね、起業したきっかけや同じ制作という仕事でも業種によっての違いなどを聞かせてもらった。

 

まずは主な事業内容を教えてください

大きくは、ITコンサルティングと広告デザイン全般の制作になります。ホームページをはじめ、iOSやアンドロイド用アプリの制作、グラフィックや映像制作、ロゴデザインなどさまざまですね。元々はデザイン業からスタートしているのですが、クロスリングウェイとしての現在はITコンサルティングがメインでして、そこから派生する、必要となるデザインを制作しているといった感でしょうか。

 

内村さんご自身のお仕事内容について

実際に制作案件も担当していまして、“フル”というか“フルフル”で制作しています。ITコンサルとは言っていますけど、打ち合わせに行き、その場で作るものを決め、直接技術担当の方と技術調整をし、持ち帰って自らも作っています。会社代表として、経営や総務といったこともしていますが、できれば制作だけをしたいタイプなので、経営自体はさせられているような感じです。スタッフには申し訳ないですが経営者としてはダメなタイプですね。ただ、総務、経理、スタッフ育成など、まずは自分でやってみてどれくらい難しいか分かった上で、お願いしようと思うんです。性格だとは思うのですが、デザインやプログラムについてもまず自分でやってみるという考えでしたので、それを今は“経営”というものを実践しながら学んでいると思います、と言いながら11年くらい経ってしまいましたが…まだまだですね。

6096_1000

 

クロスリングウェイを起業したきっかけは?

専門学校を出た後、パチンコ生活で一年ほどぷらぷらとしていた時期があり、そんな私を見かねた叔父が「そんなにパチンコが好きなら福岡に行って仕事してきなさい」と叱咤激励とともに福岡の企業を紹介してくれました。その会社が「平和」というパチンコメーカーで、ありがたく入社することができました。ただ、理想とは違いパチンコ台の販売部門ではなく、パチンコ玉の補給などを扱う設備部門に配属され、現場の工程会議から施工管理、開店運営テスト、開店立ち会い、そしてメンテナンス作業といった一連の流れを担う事業部に配属されました。

そこで3年ほど、更地からパチンコ店ができ上がっていく過程を目の当たりにし、お客様がどんな広告で集まり、どんなインパクトを感じるのか、そしてiMacが登場した頃だったということもありパソコンを使ってデザインしてみたいなとブツブツと現場で言っていたら、「うちに来てデザインしてみたら」と業界の弱電工事会社の社長に誘ってもらい、その会社に転職しました。

もちろん弱電屋さんなのでデザイン部門もないですし、デザイン制作で扱えるようなパソコンも会社にはなかったので、まずは自費でiMacを購入するところから始めました。自宅でもデザインの勉強がしたかったので、iMacを車のシートベルトにかけ、モバイルのごとく持ち運んでいました。最初はPhotoshopから入りましたが、その後、illustrator、dreamweaver、Flashなどを興味本位で触り、shadeというソフトを使って3Dパースが作れるようになり、パチンコ店のパースを作り始め、そして後に大判のグラフィックシートを商品化し、広島から沖縄までのパチンコ店に、自分で作ったデザインを販売、施工するまでになりました。

当時のパチンコ業界でやっていた壁面に貼る大判のグラフィックデザインは、デザインが決定するまでに20案くらい提案していても、そこには費用が一切発生しないんですね。だから、いくら時間かけて、徹夜して作ろうが、採用されなかったら0なんです。ただ、作ったデザインを気に入ってくれることが多く、自由にさせてもらえていたので楽しかったですし、会社の支えもあり最終的には6人くらいのデザイン事業部へとなりました。

そして3年ほど経った頃。福岡中洲のど真ん中にパチンコの玉屋さんが本店を作るということで明日デザインをもってくるようにと。教えられたのは敷地だけでしたが、外観パースを7案作り、翌日に提案しにいきました。そして、数ヶ月後、外観にLEDが施された建物が完成し、一つの区切りとなったのが29歳の時でした。

30歳を機に何かしら自分でやっていきたいとの思いが芽生え、色んな経験から身につけてきたスキルを生かし、更なる製作スキルの向上とホームページという分野に目を向け、パチンコ業界に特化させた会社をと思いクロスリングウェイを起ち上げたんです。

 

起業後の活動について聞かせてください

これまでのお客さんに甘えることなく、新たに他業種を開拓し、お世話になったパチンコ業界に取り入れていこうと思い、他の業種のデザインってどういう感じなんだろうと動き始めました。が、実際そんな思いを込めて起業したものの、なかなか仕事を得ることができず最初の仕事は2000円の名刺一つでした…。2か月やってそれだけという敗北感で、家に帰れなかったですね…。

元々地元・熊本で、映像や一般業種のデザインなどを手がけるアイトゥーブレインという会社を兄が経営しており、自給自足ではありましたが副社長として在籍することにもなりました。
そこでは、スポーツメーカーよりユニフォームにプリントするデザインデータの制作依頼もありました。それが、どこで使用されるかは分からなかったのですが、最終的に北京オリンピックの日本女子ソフトボールチームのユニフォームに使用され、勝ち上がっていくにつれテレビに映るので、元々ソフトボールは無知でしたが感動しました。ほかには、LightWaveで使った3DCGやゲーム制作、After EffectsやPremiereでの映像制作などもしていましたし、一眼レフで写真を撮るのが好きだったので写真部みたいなものを作り、製作素材をみんなで撮りに行っていましたね。当時、「美少女図鑑」というフリーマガジンが全国で展開され始めていて、「熊本のライセンスを取ってされませんか?」と誘いがあったので、写真が好きだったということもあり、「熊本美少女図鑑」の運営もしていました。

その当時、iPhoneが日本でも発売され、スマホ市場へ突入する時期だったかと思うんですが、知り合いのIT好きな人たちがアプリ市場に向けたチームを作ろうとしていまして、「なんかいい名前ない?」と相談され、「ザイオンってどうです?」って返すと「いいね!じゃあロゴを作って」ということになりロゴを作って提供。その後「一緒にやってみない?」と誘われ、その株式会社ザイオンのチームに加わり、ザイオンの代表として活動をスタートすることとなりました。ザイオンでは「女性向けスマホアプリレビューサイトiPhone女史」を運営しており、10名程度の女性ライターが日々アプリで遊び、日々レビューを書き続けるというものですが、アイデアマンがアイデアを創出し、開発好きのプロがシステムを作り、チームスタッフが情報を先取りし、日々発信し続ける。時代的なタイミングも良かったのか、熊本の小さな会社にサイバーエージェントやソフトバンク、DeNAなどからウェブ広告をいただくようになり、広告事業としても軌道にのせることができました。その後、サイト自体を転売し、次なる展開として、Googleストリートビュー(インドアビュー)の認定カメラマンを取得し、新事業の展開を始動させました。

当時は沢山の失敗もありましたが、その後、今まで培ってきたスキルと行ってきた業務を一本化し精度向上させることと、クロスリングウェイを起業してちょうど10年を迎えた時期とも重なり、新たな体制でスタートさせ、今に至っています。

6091_1000

 

業種を越え様々な制作をしてみて感じたものはありますか

一般業種の仕事を初めてした時は、“優しいなぁ”と感じました。パチンコ業界では、「デザイン持って来い!」みたいなところも当時はありました。受注後に入稿デザインを作るという流れでもなく、とにかく最初から入稿デザインを作りまくる、という感じで、入稿デザインを沢山作ってもお金を払ってもらえないことが当たり前でした。当時のデータは大きな壁面用なので、パソコンがカリカリ言うほど時間ばかりかかって…。でも、一般業種の仕事では、「デザイン費はいくらですか?」と、デザインに対しての価値観の違いが大きな衝撃でした。あとは、1日24時間での働き方の違いなどを感じました。もともとがむしゃらに働くことが好きだったので気づきませんでしたが、深夜働き、48時間働くとか当たり前のスタイルだったそんなパチンコ業界で、もまれた経験は非常に大きかったと思います。

 

地元・熊本にもオフィスがあるとのことですが
今後の展開などを聞かせてください

2015年から熊本にもクロスリングウェイの事務所を設け、自分も月の3分の1くらいは熊本に行っています。2016年4月14日に起きた熊本地震の時は、熊本チームは自分の生活もままならない状態でしたので、しばらくの仕事は「身の回りの安全確保と、地震で困ってる人たちの支えになること」としました。少なくとも2ヶ月は機能しないだろうとそんな予測はしてましたが、会社としてもさすがに苦しい状態が続きました。福岡チームも熊本に行って何かできないか。という空気はありました。が、私含め今できることは「熊本チームの分も仕事で頑張る」ことでした。

一般業界のデザインを経験し、お世話になったパチンコ業界へ新しいもの、培ったものを持ち帰ろうと思っていたのと同様に、今では、熊本から出て福岡へ行き、福岡で得たものを熊本に。という想いがあります。近い目標としては、熊本に本社を置き、熊本でのスタッフを20名ほどまで増やしたいと思っています。熊本出身で福岡で活躍されてる方も多く、きっとその方々も熊本で活躍できる場を増やし、熊本を熱くしたいと願ってると思います。私も、私ができる恩返しのために日々頑張ってるつもりですし、熊本に人を集めたい、というか地元でも働ける、そういう場を作ることができたらと思っています。
6205_1000

 

Photo_大林直行(101DESIGN)、Edit_Text_多田真文(REDACTION)